劇場支援会員の概要

劇場支援会員の概要

劇場に通ってみませんか?

こまばアゴラ劇場は2003年、日本の劇場では初めての、本格的な支援会員制度を開始しました。この制度は、高騰するチケット代を抑え、気軽に劇場に足を運んでいただくと共に、若手や地方の劇団の活動を支援していくシステムです。
日本では、演劇を観に行く場合、「話題の劇団だから」「好きな俳優さんが出ているから」「関心のある劇作家・演出家だから」といった動機がほとんどかと思います。しかし欧米では、劇場の会員となり、芸術監督のたてた年間プログラムを信頼し、シーズンを通じて劇場に通うという文化が定着しています。私たちは、この「劇場文化」を日本にも定着させたいと願っています。
スポーツジムに通うように、いやせめて、カルチャースクールや英会話学校に通う程度の気軽さで、1ヶ月に一度(出来れば2週間に一度)、劇場に通ってみませんか? その習慣から見えてくる何かが、きっとあると思います。
2016年度だけでも、青年団員である深田晃司監督のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞、アトリエ春風舎で初演された『珈琲法要』の札幌劇場祭大賞受賞、無隣館生によるせんだい短編戯曲賞の連続受賞など、こまばアゴラ劇場は才能を開花させる場所として確実に機能しています。
こまばアゴラ劇場は、今後とも、日本を代表する民間劇場として新しい劇場の形を提言していきたいと願っています。ぜひ、この機会に、こまばアゴラ劇場の支援会員入会をご検討ください。

こまばアゴラ劇場 芸術総監督 平田オリザ

 

支援会員制度を通した「劇場・劇場文化」との出会い

この劇場支援会員制度は、皆様から年会費により劇場を支援していただくとともに、それに応じた形で、当劇場で上演される作品・ラインナップを安価に、また優先的にご覧いただくものです。
私たちは、この劇場支援会員制度を通して、舞台芸術の成熟だけでなく、日常生活における芸術と人とのゆるやかなつながりの場として、「劇場・劇場文化」との出会いを提案できればと考えています。

 

pict-shien2013

 

2017年度のラインナップ

2017年度の劇場支援会員特典で「こまばアゴラ劇場・アトリエ春風舎での公演」の他、吉祥寺シアターでの青年団『さよならだけが人生か』等の「その他の会場での青年団公演(こまばアゴラ劇場主催・提携公演)」、また、支援会員制度連携劇場での公演がご覧いただけます。
http://www.komaba-agora.com/program/lineup2017