2020年12月28日[月] - 2021年1月6日[水]

女の子には内緒

老いは煙の森を駆ける

劇作・演出:柳生二千翔

老いゆく猟師と、彼の子供を殺した森の化身。
山深い緑の大地から見つめた、「自然」と「人間」の過去・現在・未来。

太古より山に住む謎のいきもの・獸。
木が生い茂った小さな集落に住む山のひとびとは、獸ととくに接することなく、しかし存在は常に感じながら、日々共に生活してきた。

あるとき、獸ははじめて人を殺す。

憤った集落の男たちは討伐に向かうが、皆返り討ちに遭う。
生き残った数少ない者たちは集落へ引き返す中、猟師・シラスは鋭い目で森を睨みつけながら山を登る。
彼には引き返せない理由があった。
最初に殺された人間は、彼の子供だった。

女の子には内緒

劇作家・演出家の柳生二千翔が代表する演劇ユニット。2013年より関東を拠点に活動中。劇空間と外部環境をシンクロさせ、物語が鑑賞者の生活と地続きに繋がっていく作風が特徴。正しい/間違い、良い/悪いなどと単純化されない、“世界への新しい眼差し”を提供することを試みる。
2016年、第4回せんだい短編戯曲賞大賞受賞。2018年、本多劇場「下北ウェーブ2019」選出。同年、第1回人間座「田畑実」戯曲賞受賞。


『老いは煙の森を駆ける[WIP]』(2020) ©️金子愛帆

出演

洪雄大(中野成樹+フランケンズ)、高山玲子、渡邊まな実

スタッフ

舞台監督|鐘築隼
助力|山内晶(キリグス/青年団)
舞台美術|渡邊織音(グループ・野原)
衣装|永瀬泰生(隣屋)
音響|おにぎり海人(かまどキッチン)
照明|佐藤佑磨
記録映像撮影・宣伝美術|内田圭
記録写真撮影|金子愛帆
制作|井上尚子

日時

2020年12月28日[月] - 2021年1月6日[水]

12月28日 18:00
29日 14:00
30日 14:00
31日 休演日
1月1日 休演日
2日 休演日
3日 18:00
4日 14:00
5日 19:30
6日 13:00

受付開始・開場は開演の30分前

料金

前売り券 [一般]¥3,000 [U-25]¥2,500 [高校生以下]¥1,000
当日券 各料金 ¥500増し

*日時指定・全席自由席
*未就学児童はご入場頂けません。
*一般以外の券種をご予約の方は、当日受付にて身分証などをご提示ください
*WEB上にて本公演の映像配信を予定しております。詳細は劇団ホームページをご覧ください。
チケット
発売日

2020年11月21日[土] 10:00

チケット
取り扱い
Peatix https://oimori2020.peatix.com
お問い合わせ メール niha.naisho@gmail.com
WEB

HP https://niha-naisho.tumblr.com
Twitter https://twitter.com/nihanaisho

 
企画制作:女の子には内緒/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

助成:
文化庁ロゴ
文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会