2021年1月27日[水] - 2月7日[日]

演劇集団Ring-Bong

みえないランドセル

作: 山谷典子 演出:藤井ごう

「ステイホーム」と言われ、2歳の子どもを公園で遊ばせることすら周りの目を気にしなければならない日々。同時に、「外遊びが減った子どもの体力低下が懸念される。」とネットニュース。
どうすりゃええねん!!と空に向かって叫んだ春でした。
在宅を余儀なくされ余裕をなくした親。不安定になった家庭内で、虐待が増加するのは当然のことかと思います。人も社会も余裕をなくしたとき、ひずみはやはり弱者へ向かうのでしょう。
どの子どもからも屈託のない笑顔がみられるように…。物語を紡ぎます。


文学座所属の俳優でもある山谷典子が、台本を手掛ける演劇ユニットです。Ring-Bongは、輪花盆(リンカボン)の響きの中に、リボンのように時代と時代、人と人を結ぶ物語を作る集団でありたいという願いが込められています。日本が持つ忘れてはならない歴史、また、今も抱え続ける問題に焦点を当てた作品を上演しています。
「どう生きていこうかな…」現代を生きる私たちが、答えを探そうとしたとき、過去から現代を照射してみる、そのことに何か手がかりがあるように感じています。
「日本」という大きなものを考えるときにも、「日本」を世界から見てみる、一つの家族からの視点で考えてみる…。ミクロからマクロ、マクロからミクロ…。
答えを提示するわけではありませんが、お客様と共演者と一緒に、ふと考えてみる時間を共有できたら、という作品作りをしております。

「みえないランドセル」プレイベント(2020)
©️山谷典子

出演

寺田路恵(文学座)
大崎由利子
飯田邦博
山口雅義
辻輝猛
鬼頭典子(文学座)
中山万紀(青年劇場)
堤匡孝(バイ・ザ・ウェイ)
秋田遥香(Pカンパニー)
清水颯子
山田悠貴
高瀬あい

スタッフ

美術:乗峯雅寛
照明:鷲崎淳一郎
音響:山崎哲也
舞台監督:吉成生子
衣装:友好まり子
制作:イビケイコ
制作協力:山谷真紀子、最首志麻子
宣伝美術:川本朋子
企画:最首志麻子、演劇集団Ring-Bong

日時

2021年1月27日[水] - 2月7日[日]

1月27日 19:00
28日 14:00
29日 19:00
30日 13:00 18:00★
31日 14:00
2月1日 14:00 19:00★
2日 14:00 19:00
3日 14:00
4日 14:00 19:00★
5日 19:00
6日 13:00 18:00★
7日 14:00

受付開始・開場は開演の45分前

★=アフタートークを開催します
聞き手:山谷典子
ゲスト:
1/30(土)18:00 信田さよ子(臨床心理士)
2/1(月)19:00 永井愛(劇作家・演出家)
2/6(土)18:00 杉山春(ルポライター)
※他ゲストは決定次第順次お知らせ致します。その回を観劇されたお客様のみご参加いただけます。
料金

【前売・当日とも】
一般:4000円
アンダー25(25歳以下):3000円 

*日時指定・全席自由
*未就学児童はご入場頂けません。
*アンダー25をお申し込みの方は年齢確認のできるものをお持ちください。
チケット
発売日

2020年11月27日(金)

チケット
取り扱い
こりっちチケット:https://ticket.corich.jp/apply/108668/
メール:ringbong.ticket@gmail.com
TEL:080-4080-8736(平日12時~17時)
お問い合わせ メール:ringbong.ticket@gmail.com
TEL:080-4080-8736(平日12時~17時)
WEB

演劇集団Ring-Bongホームページ:http://www.ring-bong.com/

 
企画制作:最首志麻子/演劇集団Ring-Bong
主催:演劇集団Ring-Bong