2021年12月16日[木] - 2021年12月26日[日]

青年団若手自主企画vol.88 宮崎企画

東京の一日

作・演出:宮崎玲奈

東京の一日。
住んでいる人、やってきた人、深夜のコンビニ、渋谷、部屋、それぞれの場所、若者たちに等しく訪れる朝と夜。数年でも数百年でも数億年でもある、一日の話。

2015年から2021年現在まで東京を生活圏にしています。15年以降触れてきたカルチャーの話を書きたいと思ったのが、この戯曲のきっかけでした。一日の話ですが、そこには過去も未来もあって、ごちゃまぜで、楽しいこともつらいことも現在形で進む。震災以降の東京に住む若者たちの話です、よろしくお願いします。


宮崎企画
劇作家・演出家の宮崎玲奈が作品を上演する団体。日常会話とそこからはみ出る意識の流れ、演劇における虚構とリアルとの境界を探りながら創作を行う。過去作に、『つかの間の道』(2020.1)、『忘れる滝の家』(2021.3)など。土地に着目した物語と、3場以上の空間を同時進行させる作劇が特徴。

『忘れる滝の家』2021 @志賀耕太

出演

立蔵葉子(梨茄子)* 石渡愛* 黒澤多生* 南風盛もえ*  伊藤拓* 黒澤優美 藤家矢麻刀 渡邉結衣 宮崎玲奈
*=青年団

スタッフ

舞台監督:黒澤多生*、蒼乃まを*
照明:緒方稔記(黒猿)
音響デザイン:SKANK/スカンク(Nibroll)
衣装:坊薗初菜* 
空間設計:渡辺瑞帆* 
演出部:渡邉結衣 
制作:河野遥(ヌトミック)
宣伝美術:江原未来  
総合プロデューサー:平田オリザ 
技術協力:大池容子(アゴラ企画) 
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
*=青年団

日時

2021年12月16日[木] - 2021年12月26日[日]

12月16日 19:00☆
17日 14:00☆ 19:00☆
18日 14:00☆
19日 14:00 18:00
20日 14:00
21日 休演日
22日 19:00
23日 19:00
24日 14:00 19:00
25日  14:00
26日 14:00

受付開始、開場は開演の30分前

⭐︎は前半割引対象
会場

アトリエ春風舎

東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1 [google map]
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)

※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
料金

予約・当日とも一般:2500円 高校生以下:500円
☆前半割引料金 一般:2000円 高校以下:500円

*日時指定・全席自由
*未就学児はご入場いただけません
* 高校生料金の方は受付にて証明書をご提示ください
チケット
発売日

チケット予約開始日:11月6日[土]正午
支援会員予約開始日:10月30日[土]正午

チケット
取り扱い

Peatix:https://myzktokyo1niti.peatix.com

お問い合わせ mini62inum@gmail.com
WEB

劇団WEB:muniinum.com
ツイッター:@muni_6_2

■ご来場のお客様へのお願い

ご来場の際には必ずマスクの着用をお願いいたします。
ご入場時に検温させていただきます。ご協力をお願いいたします。
公演当日、37.5度以上の熱がある方、風邪などの症状がある方、体調が優れない方は、ご来場をお控えください。

 
■企画制作:宮崎企画 /(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
■主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
■協力:黒猿、青年団、梨茄子、Nibroll、ヌトミック、プリッシマ、(有)レトル

助成:
文化庁ロゴ
文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会