2019年3月14日[木] - 3月17日[日]

不思議少年

地球ブルース

作・演出:大迫旭洋

熊本地震の朝。小学校の校庭で。
ボランティアの方がお肉を焼いていました。
「お肉は一人一枚でお願いします!」
行列が出来るなか、先頭に並んでいたおばあちゃんは、
一人でお肉を何枚も何枚も紙皿に取っていました。
誰もかける言葉を持っていませんでした。

「恥ずかしい」
頭の中に一瞬、浮かんできた言葉です。
その正体は何なのか、考えてみたいと思います。

恥と衝動の振り子の狭間で、
死ぬまで生き続ける人間たちのブルース。
熊本からお届けいたします。

2009年結成。熊本を拠点に活動中。
創作のテーマは「笑いとせつなさと再発見」。
観る人の心に潜り込み、どこか懐かしくて愛しい景色を呼び起こす
短編演劇コンクール「劇王 天下統一大会2015」で全国優勝、
日本演出者協会「若手演出家コンクール2014」で優秀賞と観客賞を受賞。
分かりやすさと、演劇の楽しさを存分に持つ作品によって、圧倒的な支持を集めている。
今、九州のみならず、全国へと活動の場を広げている劇団。

 2018年撮影

出演

磯田渉 大迫旭洋 森岡光 オニムラルミ(劇団きらら)

スタッフ

舞台監督・美術:森田正憲((株)F.G.S.)
音響:松隈久典((株)サウンド九州)
照明:入江徹((株)松崎照明研究所イン九州)
宣伝美術:伊井三男(転回社)
制作:森岡光
制作補助:古殿万利子(劇団きらら)
芸術総監督:平田オリザ
技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)

日時

2019年3月14日[木] - 3月17日[日]

14日 19:30
15日 19:30
16日 14:00 19:00
17日 14:00

受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前

料金

一般 2,500円(当日 3,000円)
高校生以下 1,000円(当日 1,500円)

*日時指定・全席自由
*未就学児童はご入場頂けません。
チケット
発売日

2018年11月11日(日)

チケット
取り扱い
CoRichチケット
https://stage.corich.jp/stage/95204
お問い合わせ 不思議少年 メール:fushigishonen@gmail.com
WEB

不思議少年Web https://fushigishonen.jimdo.com/

Twitter @fushigishonen

関連
イベント

【先行予約特典】

お得なプレゼントがつく企画「地球三国志」を行います!

期間内にご予約された方に選べる特典をプレゼントします。

特典の詳細はこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/fushigishonen/entry-12422604204.html

 

他会場
での公演

【北九州】2019年2月16日(土)・17日(日) 枝光本町商店街アイアンシアター

【熊本】2019年3月22日(金)~24日(日) 早川倉庫

推薦文

想像力にターボを積んで

 

つくり手と観客が「想像」を介して繋がることができたら、その真ん中に新たな宇宙が生まれる。これは演劇でできる、上等なことのひとつだと思っている。九州演劇界の特攻隊長(今ふと命名)熊本の不思議少年は、この“宇宙づくり”が滅法上手い。ファンタジー、シュール、ほのぼの、SFなどテイストは様々。種子の如き言葉や設定は舞台上で多層に展開し、そのヒダの間に観る者を取り込んでいく。代表・大迫旭洋が紡ぐ軽やかに飛躍していく台詞、それを具現化する森岡光のコケティッシュな演技、二人の狭間で磯田渉が体現するリアルが絶妙に調和し、カラフルな劇世界が構築される。新作『地球ブルース』には、同郷の先輩劇団きららの純情な鉄砲玉(再び勝手に命名)オニムラルミが参戦。想像(創造)力にターボを積んだ座組が、遥か劇宇宙の彼方までいかに観客を連れ去るのか、期待は募るばかりだ。

 

編集者・ライター:大堀久美子

 
企画制作:不思議少年/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

助成:

文化庁ロゴ

文化庁文化芸術振興補助金 (劇場・音楽等機能強化推進事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会