2019年3月27日[水] - 3月31日[日]

ニットキャップシアター

男亡者の泣きぬるところ/女亡者の泣きぬるところ

作・演出:ごまのはえ


男/女それぞれの二人芝居を、二本立てで上演します。作・演出のごまのはえが描く登場人物は、切実であればある程どこか可笑しみと可愛さが募り、観る人を惹きつけます。今作では、男女の抱える悩みの違いもお楽しみください。
また『男亡者』は2004年、『女亡者』は2017年に初演の作品。異なる時代背景を持つ二作品を見比べることで、”平成後期”13年間の、社会風景や時代の流れもリアルに感じてもらえる組み合わせになっています。


ニットキャップシアター

芝居/語り/ダンス/民族楽器の生演奏/歌/仮面や布などのマジカルグッズ……様々な舞台表現と「言葉」とを組み合わせて、イマジネーションあふれる作品を生み出す京都の劇団。『ガラパゴスエンターテインメント』という言葉を大事に、創作を続けています。
現在、劇団員は6名。劇団名はムーンライダーズの楽曲「ニットキャップマン」より。

『男亡者の泣きぬるところ』(2017「太秦おかげサマー」)撮影:脇田友
出演

出演:門脇俊輔、澤村喜一郎 / 高原綾子、仲谷萌
声の出演:佐藤弘樹(α Station DJ)、西村貴治

スタッフ

舞台監督:北方こだち
美術:西田聖
照明:葛西健一
音響:三橋琢
小道具:仲谷萌
絵:竹内まりの
書:新子心華
宣伝美術:門脇俊輔
制作:高原綾子、門脇俊輔、澤村喜一郎、池川タカキヨ
京都芸術センター制作支援事業

日時

2019年3月27日[水] - 3月31日[日]

3月27日 19:00
28日 19:00
29日 14:00 19:00
30日 14:00 19:00
31日 14:00

受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前
※上演時間は2本立てで2時間15分程度を予定(途中休憩を含む)

会場

こまばアゴラ劇場

京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩3分
東京都目黒区駒場1-11-13 [google map]
tel:03-3467-2743

※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
料金

[一般]3,500円
[ユース・学生]2,500円(ユースは25歳以下。当日要証明書)
[高校生以下]1,000円(当日要証明書)
※当日券は各前売券料金 +500円(高校生以下券は同額)

*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
チケット
発売日

2019年1月15日(火)

チケット
取り扱い
公演特設サイトより http://knitcap.jp/mouja/
電話 090-7118-3396(ニットキャップシアター/毛帽子事務所)
メール ticket@knitcap.jp
お問い合わせ 電話 090-7118-3396(ニットキャップシアター/毛帽子事務所)
WEB

劇団ウェブサイト
http://knitcap.jp

公演特設サイト
http://knitcap.jp/mouja/

twitter
https://twitter.com/knitcaptheater

他会場
での公演

<大阪公演>2018年6月1日~3日、イロリムラ プチホール
<福岡公演>2018年6月12日~14日、リノベーション・ミュージアム冷泉荘

 
企画制作:ニットキャップシアター/一般社団法人毛帽子事務所
主催:ニットキャップシアター/一般社団法人毛帽子事務所
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場