2018年8月22日[水] - 2018年8月26日[日]

無隣館若手自主企画 vol.24 升味企画

あの子にあたらしいあさなんて二度とこなきゃいいのに

作・演出:升味加耀

演劇部の夏合宿は三泊四日。生憎全日嵐が続く。メグの初めての彼氏・「あさだくん」は美人の転校生・「よるかわさん」といい感じ。親友のユキは、新しい友達・サーちゃんと仲良くなって、ちょっとだけ変わった。顧問の鯉沼先生は前にもまして無表情でタバコを吸っている。変わり者の黒澤先輩は百物語をしようとうるさい。一年前に爆死した中村先輩のことを、みんなどこかで気にしている。おかしなことが何度も起こる。毎日起きて、寝る。けど、どれもほんとな感じがしない。まっくらな夜が続くようでいつまでたっても「あさ」が来ないと思ったらどうやら太陽は消えてしまってそれはもう、ずいぶん前のことらしい。


升味加耀  Masumi Kayo

1994.9.30 東京都生まれ。2017年より無隣館三期演出部所属。2013年以降、早稲田大学学内・外で主に作・演出として活動。2015年演劇学を学ぶためベルリン自由大学留学。2016年ベルリンにて主宰ユニット「果てとチーク」を旗揚げ。大きな世界とちっぽけな人々の絶望的に変わらない状況をせっせと描きつつも、精神と肉体が健やかな生活を送れるよう努力している。

出演

黒澤多生
鯉沼トキ
名古屋愛
堀紗織
(以上、無隣館)
鴨居千奈

スタッフ

舞台監督:黒澤多生(無隣館)
照明:井坂浩(青年団)
照明操作:石神静香
音響:櫻内憧海(無隣館/お布団)
舞台美術:鬼木美佳(無隣館)
宣伝美術:間宮きりん
振付協力:山下恵実(無隣館)
映像:升味加耀
制作:半澤裕彦(無隣館)
制作補佐:有上麻衣(青年団)
総合プロデューサー:平田オリザ
技術協力:大池容子(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)

日時

2018年8月22日[水] - 2018年8月26日[日]

8月22日 19:30
23日 19:30
24日 19:30
25日 14:00★ 18:00
26日  13:00★

受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前

★=升味加耀とゲストによるアフタートークあり
8月25日[土]14:00の回 広田淳一さん(アマヤドリ)
8月26日[日]13:00の回 山本健介さん(ジエン社)
会場

アトリエ春風舎

東京メトロ有楽町線・副都心線/西武有楽町線「小竹向原」駅 下車4番出口より徒歩4分
東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1 [google map]
tel:03-3957-5099(公演期間のみ)

※公演期間以外のお問い合わせはこまばアゴラ劇場(03-3467-2743)まで。
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
料金

予約一般=2,000円
当日一般=2,500円
高校生以下=1,000円(予約・当日共/要身分証)

*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
チケット
発売日

‪2018年7月1日(日)‬

チケット
取り扱い

青年団 03-3469-9107 (12:00 - 20:00)

オンラインチケット予約はこちらから
お問い合わせ

青年団 03-3469-9107 (12:00-20:00)


升味企画 Mail masumikikaku@gmail.com
WEB

<升味企画Twitter>@masumi_kikaku

<果てとチークHP> http://ayataka.wixsite.com/hatetocheek

 
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

助成:

size-full wp-image-7249

文化庁文化芸術振興費補助金

(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会