2020年6月12日[金] - 6月16日[火]

【公演中止】グループ・野原

二本立て公演『自由の国のイフィゲーニエ』『おねしょ沼の終わらない温かさについて』

作:フォルカー・ブラウン(『自由の国のイフィゲーニエ』)、西尾佳織(『おねしょ沼の終わらない温かさについて』) 演出:蜂巣もも

グループ・野原が日本とドイツの社会変動を巡って「自由」を問う。

演劇を肥やす、耕す。
道端に広がる野生という名の思いがけなく力強い庭のように、演劇の上演も野生を生かすことは出来ないだろうか。
戯曲が生まれたときに必要とされた空気感としか言えないようなもの、生活背景、価値観が、現代に接合するとき、観客また俳優の中に何が強く残るのか。
そしてどのような育ち方をしていくのか。
私たちはつぶさに追いかけることで、観客との新しい時間を探る。


グループ・野原二本立て公演『自由の国のイフィゲーニエ』『おねしょ沼の終わらない温かさについて』について、公演中止が決定いたしました。

以下、こまばアゴラ劇場の告知となります。
http://www.komaba-agora.com/2020/05/10780

『自由の国のイフィゲーニエ』
作:フォルカー・ブラウン
翻訳:中島裕昭
演出:蜂巣もも(グループ・野原)

一、復讐のために母とその情夫を殺した姉弟両方の人格を備えた者の物語。その人物は使命を持って我が身を奮い立たせたかと思えば、手のひらを返して怖気づき、また甘い言葉をささやいて、男性の人格の破滅を誘う。

二、戦争と生け贄の儀式という人殺しの過去を二度も背負った女、イフィゲーニエ。彼女はそれが本当の使命だと思ってきた。来たるべき自由は彼女を解放する。そこで誓う次の使命は果たして本物の正義なのだろうか。

三、強制収容所(大量死)でもあり、スーパーマーケット(大量生産)でもある場所に、死んだ兄をショッピングカートに乗せたアンティゴネーがやってくる!

四、コンクリートで敷き固められた滑走路に、ある労働者が立っている。これは古代の風景だ。彼を妬ましく、挑発的に見つめる女は、彼がとっくの昔に手放したものである。それがいまでも私たちを苛み、次の希望を生み出すことを阻んでいる。これはいままさに始まろうとする世界飢餓の素材である。

『おねしょ沼の終わらない温かさについて』
作:西尾佳織(鳥公園)
演出:蜂巣もも(グループ・野原)

舞台には沼があり、天井からスライムのようなドロドロした汚いものが、定期的に降ってきては溜まっていく。それは私たちにはどうしようもないもの。理不尽に降りかかり、積もっていくケガレ。
一場は「現在」。三人のイトウがグータンヌーボのような恋愛トークや、妙な演説を行う。
その後は「現在」とパラレルな存在しない時間。
麦と初という二人の子どもは、沼でイトウたちや周囲の奇妙な男たちに育てられながら暮らしている。
彼女たちは不安定に関係を保ちながら、特殊な家族を形成する。

グループ・野原
庭師ジル・クレマンが著書『動いている庭』で提唱する新しい環境観に感銘を受け、岩井由紀子(俳優)、串尾一輝(俳優)、蜂巣もも(演出家)、渡邊織音(美術家)で「グループ・野原」を立ち上げる。演劇/戯曲を庭と捉え、俳優の身体や言葉が強く生きる場としての舞台上の「政治」を思考する。

フォルカー・ブラウン
1939年生まれ。炭鉱労働などを経て大学進学、哲学を学ぶ。60年代から詩人として注目され、70年代より東ドイツを代表する劇作家となり、厳しく体制を批判し続けた。
本作は、ベルリンの壁崩壊〜東西ドイツ統一の間の、1987~91年にかけて執筆された。

西尾佳織
劇作家、演出家、鳥公園主宰。1985年東京生まれ。幼少期をマレーシアで過ごす。東京大学にて寺山修司を、東京藝術大学大学院にて太田省吾を研究。2007年に鳥公園を結成以降、全作品の脚本・演出を担当。「正しさ」から外れながらも確かに存在するものたちに、少しトボけた角度から、柔らかな光を当てようと試みている。2015年度よりセゾン文化財団フェロー。

 2018『インクルージョン』撮影:渡邊織音

出演

『自由の国のイフィゲーニエ』
岩井由紀子、串尾一輝(ともにグループ・野原/青年団)

『おねしょ沼の終わらない温かさについて』
伊藤彩里(gallop/カイテイ舎)猪俣三四郎(ナイロン100℃)大道朋奈 河原舞(ゲッコーパレード)木村麻子 村田牧子(青年団)横田僚平(オフィスマウンテン)山本雅幸(青年団)

スタッフ

美術:渡邊織音(グループ・野原)
サウンド・インスタレーション:佐々木すーじん
照明:吉田一弥
音響:増田義基
舞台監督:黒澤多生(青年団)
制作:飯塚なな子
宣伝美術:増永紋美
芸術総監督:平田オリザ
技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)

日時

2020年6月12日[金] - 6月16日[火]

6月12日 19:30
13日 13:00 19:30
14日 13:00 19:30
15日 13:00 19:30
16日 13:00

受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前


グループ・野原二本立て公演『自由の国のイフィゲーニエ』『おねしょ沼の終わらない温かさについて』について、公演中止が決定いたしました。
以下、こまばアゴラ劇場の告知となります。
http://www.komaba-agora.com/2020/05/10780
料金

○『自由の国のイフィゲーニエ』
◎初回割引(初回1ステージ) 2800円
一般予約 3000円
★『おねしょ沼の終わらない温かさについて』
一般予約 3500円

※当日は500円増。

*日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場頂けません。
お問い合わせ group.nohara@gmail.com
WEB

グループ・野原WEB
https://groupnohara3.wixsite.com/website
グループ・野原/ハチス企画 Twitter
@hachisu_kikaku

稽古場アーカイブ

本企画の公演中止にあたって、稽古場でどのような演出プランや稽古が行われていたか、公開いたします。
ぜひご覧ください。
https://groupnohara3.wixsite.com/website

 
企画制作:グループ・野原/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力:レトル

Iphigenie in Freiheit by Volker Braun

助成:
文化庁ロゴ

文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会