こまばアゴラ演出家コンクール2018 募集のご案内

こまばアゴラ演出家コンクール2018 募集のご案内

2018年3月16日(金)締切

 この度、こまばアゴラ劇場は、劇場を通じて若手演劇人を支援するという理念のもとに、劇場とその支援会員が今後支援していきたい新しい若手演出家との出会いを目的とした演出家コンクールを開催します。

 現在の日本の演劇界には、演出家に対する賞、特に演出能力そのものを評価する賞が少ないという問題があります。また、若手演出家には自分と異なる文脈を持つ戯曲や俳優に触れる機会がほとんどありません。これらの現状を踏まえ、あらかじめ配役された青年団・無隣館及び、関連団体の俳優とともに、若手演出家が課題戯曲の演出に挑む3日完結型のコンクールを実施します。こまばアゴラ劇場は、身一つで参加できる本コンクールで、若い演劇人たちに新しい出会いや視点を得る機会を提供していきます。

新しい才能を発見し、世に送り届けることは劇場の使命です。
こまばアゴラ劇場は、日本を代表する民間小劇場として、新しい演出家コンクールを設定しました。
一方、このコンクールはゲーム性の強い、観客にも楽しんでいただけるものとなっています。
ぜひ、多くのお客様に、まだ観ぬ才能との出会いを経験していただきたいと願います。

こまばアゴラ劇場 芸術総監督 平田オリザ

こまばアゴラ演出家コンクール2018
2018年5月11日(金)〜13日(日)

こまばアゴラ劇場

 

応募資格

応募時35歳以下のこれから演出家として継続的に活動していきたい方

 

審査基準

以下三つの能力について、現時点だけではなく、将来性も加味して審査します。

①体、言葉、空間を制御する技術
②独創的・批評的な感性
③はじめて仕事をする俳優たちとのコミュニケーション能力

 

審査員

平田オリザ(こまばアゴラ劇場芸術総監督・劇作家・演出家)
岩井秀人(劇作家・演出家・俳優)
佐々木敦(批評家)
松田正隆(劇作家・演出家)
柳美里(小説家)

 

最優秀演出家賞 及び 奨励賞 総額50万円
観客賞

 

審査の手順

書類審査 3月16日(金) 応募締切
     3月26日(月) 書類審査結果発表 一次審査進出者最大7名選出

一次審査 5月11日(金) 09:00~22:00(予定)
     課題戯曲の演出(コンクール主催者側が指定する俳優との稽古)
     上演
     一次審査結果発表 二次審査進出者3名選出
     二次審査の課題戯曲及び出演俳優発表

二次審査 5月12日(土) 09:00~22:00(予定)
     課題戯曲の演出(コンクール主催者側が指定する俳優との稽古)
     5月13日(日) 09:00~19:00(予定)
     上演
     審査結果発表

 

課題戯曲

一次審査:5月初旬に発表
     古典戯曲から一部抜粋(上演時間:最長20分)

二次審査:一次審査終了時に発表
     古典戯曲から一部抜粋(上演時間:最長30分)

 

応募方法

所定の用紙(ページ末尾でダウンロード可)に必要事項を明記の上、下記に記載のメールアドレスまたは住所までお送りください。

2018年3月16日(金)必着

演出作品1作品の映像データを、youtubeに限定公開もしくは公開してください。その上で、URL及び特に観て貰いたい3分間を応募用紙にご記入ください。映像データのない方は、それに代わる資料をメールに添付または郵送でお送りください。

※応募書類の個人情報は、コンクール運営上の目的の範囲内で利用し、第三者には開示いたしません。
※書類選考の過程に関するお問合せには応じられません。ご了承ください。

 

宿泊補助

地方からお越しの方には、宿泊補助をいたします。ご希望の方はその旨を応募用紙にご記入ください。
詳細については書類審査後にコンクール事務局からご連絡します。

 

応募、お問い合わせ

こまばアゴラ演出家コンクール実行委員会事務局
agoraconcours2018@gmail.com
〒153-0041 目黒区駒場1-11-13

 

こまばアゴラ演出家コンクール応募用紙

 

PDF形式 (PDF形式)    Microsoft Word形式 (Microsoft Word形式)

※PDF形式のファイルをご覧になるには「Acrobat Reader」(無料)が必要です。


「Acrobat Reader」はこちらから

最新版の「Acrobat Reader」はこちらからダウンロードしてください。