h1-lineup

2014年度 こまばアゴラ劇場ラインナップ

  • 下記の日程は「公演予定日程」です。ご観劇の際は、随時アップされる各公演ページや公演チラシ等で公演スケジュールをご確認ください。
  • 日程は、予告無く変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
  • アイコンの説明
    • P O = プログラムオフィサー(国内外の上演を実際に観て回ってきた劇場制作スタッフ)による推薦
    • ツアー = 多地域公演を予定しているカンパニー
    • 地 域 = 首都圏以外で活動するカンパニー

4月

4.3 - 13
  • ツアー

Theatre Company Ort-d.d

Ort-d.dプロデュース
ケンゲキ! 宮沢賢治と演劇

全体構成・総合演出:倉迫康史

2014年度の開幕は、Ort-d.dによる宮沢賢治をテーマにした演劇祭。

4.16 - 21
  • ツアー

川端康成トリロジー

台湾・日本国際共同企画 川端康成三部作
『片腕』『少年』『水晶幻想』

原作:川端康成
『片腕』演出・脚色:ノゾエ征爾 『少年』演出・脚色:劉 亮延 『水晶幻想』演出・振付:山縣美礼

ノゾエ征爾(はえぎわ)、劉亮延、山縣美礼が文豪・川端康成の短編を同時上演。

4.24 - 5.1
  • PO

迷迷Q

作・演出:市原佐都子

ニンゲンと動物、なにかとなにかの境界線がとけだす、Q・市原佐都子の新作。

5月

5.9 - 19
  • PO

快快

へんしん(仮)

作:北川陽子 演出:快快

演劇という枠に揺さぶりをかけ続ける「Trash&Freshな日本の表現者」。

5.22 - 28
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:仙台/東京

せんだい舞台芸術復興支援センター×青年団リンクRoMT

SPIC×RoMT

ゴーストシティ

作:ギャリー・オーウェン 演出:田野邦彦

「街の営み」を描いた作品を、田野邦彦が仙台での滞在制作企画にて上演。

5.31 - 6.15

平田オリザ・演劇展vol.4

ロボット演劇『働く私』『忠臣蔵・武士編』『忠臣蔵・OL編』『ヤルタ会談』

作・演出:平田オリザ

4回目の演劇展。ロボット演劇や、新バージョンを加えた『忠臣蔵』再演も。

6月

6.20 - 23
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:青森

劇団野の上

臭う女(黒) ~におうひとノワール~

作・演出:山田百次

劇団野の上が暴力的なまでに濃厚な津軽弁で描く、日本の農業と農家の怒り。

リオフェス2014 第8回岸田理生アバンギャルドフェスティバル

岸田理生の命日水妖忌にあわせ、故人を偲び、その作品を連続上演。

http://www1.ocn.ne.jp/~munakata/rio/

6.25 - 27

千賀ゆう子企画

桜の森の満開の下

原作:坂口安吾 脚本:岸田理生 演出:笠井賢一

6.29 - 7.3

虚飾集団廻天百眼

臘月記

作:岸田理生 演出・構成:石井飛鳥

7月

7.5 - 7

ユニットR

私たちのイブたち 蝕
~岸田理生作・戯曲「私たちのイヴたち」より~

作:岸田理生 上演台本・演出:諏訪部仁

7.11 - 21

ロロ

朝日を抱きしめてトゥナイト

作・演出:三浦直之

とある商店街で、君や僕や時間や祭やすべてがかけぬける、約1年ぶりの新作公演。

7.24 - 8.3

劇団チャリT企画

それは秘密です。

作・演出:楢原 拓(chari-T)

チャリT企画が風刺的に笑い飛ばす "秘密" に溢れた未来のニッポン像。

8月

8.9 - 17

範宙遊泳

インザマッド(ただし太陽の下)

作・演出:山本卓卓
原案:坂口安吾『堕落論』ほか

2.5次元とも言われるプロジェクター投影の演出方法と古典をミックスした最新作。

8.20 - 24

青年団若手自主企画 vol.61 田上企画

ヒューマンエラー

作・演出:田上 豊

青年団演出部の大型新人・田上豊による初の若手自主企画。

8.27 - 31
  • 地域
活動拠点:名古屋

劇団うりんこ

妥協点P

作・演出:柴 幸男

劇団うりんこ5年ぶりのアゴラ公演は、高校の図書準備室で起こる密室群像劇。

9月

9.4 - 7
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:札幌

札幌座

瀕死の王さま

作:ウジェーヌ・イヨネスコ 翻訳:大久保輝臣 演出:斎藤 歩

イヨネスコの名作を、札幌を拠点に国内外で活動する札幌座が上演。

9.10 - 16

うさぎストライプ と 木皮成

デジタル

作・演出:大池容子 振付:木皮 成

ダンサー・振付家の木皮成と描く、いつもと違う、うさぎストライプ。

9.25 - 30
  • ツアー

革命アイドル暴走ちゃん

騒音と闇 ドイツ凱旋ver.

構成・音楽・演出:二階堂瞳子

革命アイドル暴走ちゃん、ジャパンプレミア公演をフルリニューアルし上演。

10月

10.3 - 6
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:名古屋

オイスターズ

どこをみている

作・演出:平塚直隆

ナンセンスな会話で紡ぐ、ライトでドライな不条理劇。3年ぶりにアゴラへ。

10.12 - 13

東京都高等学校演劇連盟

高校演劇山手城南地区大会

都大会出場を目指し、高校演劇部がエネルギーと情熱に満ちた作品を上演。

10.15 - 21
  • PO

Crackersboat

flat plat fesdesu Vol.3

企画・キュレーション:Crackersboat

ダンスと音楽と演劇と。KENTARO!!らのチームが送る、気軽で自由なフェス。

10.25 - 27
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:京都

烏丸ストロークロック

神ノ谷㐧二隧道

作・演出:柳沼昭徳

舞台は架空の過疎地域。各地で絶賛を受けた作品のスピンオフ。

11月

11.1 - 3
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:札幌

intro

薄暮(haku-bo)

作・演出:イトウワカナ

introが再びアゴラに。明るい身体とネガティブな言葉で描く、地方都市の今。

11.6-17
  • ツアー

劇団競泳水着

別れても好きな人 2014

作・演出:上野友之

旗揚げ十周年。恋愛群像劇を中心に、作風の幅を広げる劇団競泳水着の新作。

11.20 - 26

青年団リンク 玉田企画

宇宙のこども

作・演出:玉田真也

「にやにや」とした笑いの空気感。中学のクラスを舞台にした群像劇。

11.29 - 12.2
  • 地域
活動拠点:大阪

突劇金魚

漏れて100年

作・演出:サリngROCK

第57回岸田戯曲賞最終候補作。外部に書き下ろした作品を、自身で初演出。

12月

12.4 - 7
  • 地域
活動拠点:京都

笑の内閣

福島第一原発舞台化計画-黎明編-『超天晴!福島旅行』

作・演出:高間 響

時事ネタ芝居で公演毎に話題を集める笑いの内閣。3年連続のアゴラ公演。

12.10 - 16
  • ツアー

Baobab

D-incline vol.3『○○階から望む~集合住宅編~』

振付・構成・演出:北尾 亘

土着的でリズミカルな躍動感を持つ振付で、圧倒的な群舞を踊り抜く。

12.19 - 30

ガレキの太鼓

止まらずの国

作・演出:舘そらみ

作者が世界一周の旅を経て放つ、渾身の作。

1月

1.5 - 12

田上パル

プロジェクト7

作・演出:田上 豊

新作のテーマは「日本人」。その関係性、その繋がり方を描き切る。

1.16 - 25

水素74%

こわれゆく部屋

作・演出:田川啓介

社会に順応していくことは、はたして「成長」か、それとも、「麻痺」なのか―。

1.29 - 2.1

aji

お暇をこじらせてⅡ

構成・演出:島 貴之

利賀演劇人コンクール・優秀演出家賞受賞の島貴之が探求する「幸福の在り方」。

2月

2.10 - 3.1

青年団若手公演
+こまばアゴラ演劇学校“無隣館”一期生修了公演

南へ

作・演出:平田オリザ

近未来、日本を逃げ出す富裕層の倦怠と衰退を描く問題作20年ぶりの上演。

3月

3.4 - 8
  • PO
  • ツアー

モモンガ・コンプレックス

大失敗。

振付・構成・演出・振付:白神ももこ

“大いなる無駄”を。「失敗」を題材にしたダンス・パフォーマンス的公演。

3.11 - 22
  • PO
  • ツアー
  • 地域
活動拠点:京都

木ノ下歌舞伎

黒塚

監修・補綴:木ノ下裕一 演出・美術:杉原邦生

近代歌舞伎舞踊劇の金字塔が現代に。木ノ下歌舞伎の話題作がアゴラで再演!

3.27 - 29

高校演劇サミット

高校演劇サミット2014

サミットプロデューサー:林 成彦
サミットディレクター:田中圭介

5年目となるフェスティバル。高校演劇作品と観客との新たな出会いを。

4月

4.18 - 20
活動拠点:熊本

Theちゃぶ台

やまとなでしこ −番外編−

作・演出:木内里美

九州各地で100回近く公演を重ねてきた熊本発の二人芝居、東京初上陸。

5月

5.1 - 6

アトリエ春風舎10周年企画

うさぎストライプ

うさぎストライプ と 20歳の国

作・演出:大池容子(うさぎストライプ)/竜史(20歳の国)

青春を謳歌できなかった演出家2人が描く、青春のおはなし新作2本立て。

6月

6.20 - 29

青年団リンク 玉田企画

少年期の脳みそ

作・演出:玉田真也

青年団リンク昇格後、初となる玉田企画の公演。

8月

8.2 - 7

劇団森キリン

キープレス

原作:森下なる美(「キープ」より)
脚本・演出:森山貴邦(青年団/劇団森キリン)

桜美林大学内で上演され好評を博した作品を改訂し、4年ぶりに再演。

8.10 - 8.12

こまばアゴラ演劇学校・無隣館 無隣館若手自主企画vol.3 濵中企画

久之浜ワークインプログレス:
能 弱法師/かげろうための

『能 弱法師』 作者:観世十郎元雅(一部、世阿弥元清) 演出:蜂巣もも
『かげろうための』 構成・演出:濵中 峻

9月

9.3 - 7

Cui?

止まらない子供たちが轢かれてゆく

作・演出:綾門優季

第1回せんだい短編戯曲賞受賞作。「学級裁判」で加速していくカオスな日常。

9.12 - 23

水素74%

コンタクト

作・演出:田川啓介

田川啓介がナンパを通して描く、他者と出会う喜びと恐怖。

9.26 - 10.5

青年団若手自主企画 伊藤企画

アリはフリスクを食べない

作・演出:伊藤 毅

青年団俳優・伊藤毅による自主企画。同じ84年生まれの舘そらみも参戦。

10月

10.16 - 10.20

こまばアゴラ演劇学校・無隣館 無隣館若手自主企画 vol.4 笠島企画

送別会

作・演出:笠島清剛

11月

11.14 - 11.22

こまばアゴラ演劇学校・無隣館 無隣館若手自主企画vol.5 ショーケース企画

3 youths on the sand

堀川炎「隣人の顔」
下田彦太「Closet」
蜂巣もも(演出)+綾門優季(戯曲)「不眠普及」

11.26-30

こまばアゴラ演劇学校・無隣館 無隣館若手自主企画 vol.6 山内企画

trip

作・演出:山内 晶

12月

12.4 - 12.7

こまばアゴラ演劇学校・無隣館 無隣館若手自主企画 vol.7 濵中企画

かげろう

映像・演出:濵中 峻

12.21 - 28

うさぎストライプ

空想科学

作・演出:大池容子

春風舎の芸術監督大池容子が主宰する、うさぎストライプ新作公演。

2月

2.7-16

青年団リンク ホエイ

『雲の脂』

プロデュース:河村竜也
作・演出:山田百次(劇団野の上)

2.25-3.1

Cui?

暴走しなければ恋愛じゃない

「修羅羅羅場」「恋愛恐怖病」「暴走しなければ恋愛じゃない」

3月

3.11 - 30

青年団リンクRoMT

十二夜 Twelfe Night, or What You Will.

戯曲:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:河合祥一郎(角川文庫版)
演出:田野邦彦

イギリス留学で演劇を学んだ田野の宿願。青年団俳優と創るシェイクスピア。

7月

ツアー

青年団

「平田オリザ・演劇展」東北ツアー
『この生は受け入れがたし』『走りながら眠れ』

作・演出:平田オリザ

「平田オリザ・演劇展」初のツアー。好評の2作品が東北へ。

《青森公演》2014年7月1日[火] - 7月2日[水]

《仙台公演》2014年7月5日[土] - 7月6日[日]

《会津若松公演》2014年7月8日[火] - 7月9日[水]

《》 -

10月

10.3-5

青年団リンク ホエイ

『珈琲法要』

作・演出:山田百次(劇団野の上)

江戸末期に蝦夷地北方で起きた津軽藩士殉難事件を題材に描く。

10.4-13

青年団国際演劇交流プロジェクト2014

青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト

アンドロイド版『変身』

原作:フランツ・カフカ   作・演出:平田オリザ
アンドロイド開発:石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究所)   翻訳:マチュー・カペル、小柏裕俊
(フランス語上演/日本語字幕付き)

カフカの『変身』を現代に置き換え舞台化。朝、目覚めるとアンドロイドに。

《城崎公演》2014年10月4日[土] - 10月5日[日]

《横浜公演》2014年10月9日[木] - 10月13日[月・祝]

10.17 - 27

青年団 第73回公演

暗愚小傳

会場:吉祥寺シアター
作・演出:平田オリザ

戦争詩人としての高村光太郎を描く、平田オリザ90年代初期の名作。

1月

1.16-1.24

青年団 第73回公演

暗愚小傳 伊丹・善通寺公演

作・演出:平田オリザ

戦争詩人としての高村光太郎を描く、平田オリザ90年代初期の名作。

《伊丹公演》2015年1月16日[金] - 19日[月]

《善通寺公演》2015年1月22日[木] - 24日[土]

3月

3.21 - 3.29

ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業 Jeune Scène 若手演出家交流事業

青年団国際演劇交流プロジェクト2015

ジョリス・ラコスト 「話し言葉の百科全書」をめぐって

構成:ジョリス・ラコスト

昨年2月のTPAMに続き、ジョリス・ラコストによるデモンストレーションとトークを開催。

《城崎公演》2015年3月21日[土・祝] - 3月22日[日]

《東京公演》2015年3月28日[土] - 3月29日[日]

地域のフェスティバル・劇場との連携

善通寺

四国学院大学 ノトススタジオ

6月 サンプル+青年団 『地下室』 作・演出=松井周 ※特典対象は善通寺公演のみ。

7月 SARPvol.7『ヤングスターライト!』 作・演出・音楽=糸井幸之介

9月 ノトスラボvol.4『黒豆』 作・演出=仙石桂子

【ノトススタジオ芸術監督】西村和宏(青年団演出部)
2014年4月〜 四国学院大学 ノトススタジオ
本格的な演劇コースが誕生した四国学院大学。学内の劇場で行われる公演が支援会員特典対象に。

利賀

7.18 - 7.27

舞台芸術財団演劇人会議

利賀演劇人コンクール2014

【審査員】石川直樹、上田洋子、金森 穣、ソン・ギウン、平田オリザ、マティア・セバスティアン

7月18日(金)〜27日(日) 富山県利賀芸術公園(富山県南砺市利賀村上百瀬48番地)
利賀演劇人コンクールの上演審査を支援会員特典でご覧頂けます。